« はちみつライフ。 | トップページ | 女同士。 »

2007年8月22日 (水)

夜は短し歩けよ乙女。

世間で話題になってから少しタイムラグがあるけど。

先日大阪から乗る新幹線が一時間遅れて。
一時間のお供にこの本を買って読みました。


私が慣れ親しんだ京都が舞台。

キュートなキャラの女性と男性によって語られる形で話は進んでいきます。


中に出て来る登場人物も個性豊かなキャラクターばかりで、読んでいても、頭ん中で映像化してても賑やかで楽しい作品。

さらに素敵なことに。
京阪の駅名が何度となく登場するのが、何だか嬉しかったり誇らしかったり☆

舞台が京都の木屋町や先斗町だから京阪三条とかさ。


私も京阪三条の土下座前でよく待ち合わせしたなーとか。
関係無いことを思い返したり。
(京阪三条には御所に向かって土下座している像があるんです。私達はよくその場所を「土下座前」として待ち合わせに使ってました。)

色んな楽しみ方のできる本かな。私には。

なので。新幹線待ちとかたいしたことなかったですよ。
助かったぜ。

|

« はちみつライフ。 | トップページ | 女同士。 »

コメント

 土下座前は京都で学生生活の頃や、今でも大学仲間の飲み会ではここで待ち合わせに使いますね。

ただ、人が多いので有名になってくると、使いにこと無いですか?

投稿: ユウ | 2007年8月22日 (水) 21時08分

今晩は自分のしっている場所それも地元が
でてくると親近感がわきますよね!

俺もいつか幸ちゃんの慣れ親しんだ町を歩いてみたいな
○○と一緒に

投稿: シンジ | 2007年8月22日 (水) 21時12分

新幹線遅れの時に遭遇されておられましたとは..ほんとお疲れさまでした。そうですか..本。。確かにこうして日記で場所とかを読んでいるだけでも、心の中にその場所がふと思い浮かんで懐かしい気持ちにさせられちゃいます。^^ にしても、そんなに場所が登場する本とは興味津々。
また神農さんの読まれました本で、これは一押し!っていうのがあれば、紹介下さいますのも楽しみにしていたい気持ちですね。

投稿: Tomo | 2007年8月22日 (水) 23時01分

土下座前、懐かしい!
と思って、初めてコメントさせていただきます。

僕は学生時代まで京阪沿線に住んでいて、
大学は京都でした。
今は東京にいるのですが、京阪や京都がとても懐かしく思います。

土下座周辺も、結構変わりましたね。
昔あったバス停から、バスに乗り換えて大学まで通ってたので、
まるっきりなくなったのが寂しいですが、
徐々に発展してる京都をみるのも、うれしいもんですね。

投稿: ゆうすけ | 2007年8月23日 (木) 09時34分

京阪三条といえば浜大津方面へ向かう京阪の路面電車が消えて(地下鉄になって)今年で早や10年。かつて路面電車が走っていたとは思えないほど雰囲気が変わりましたね。神農さんは何度か乗った事あるんですかね?

投稿: OKギュー | 2007年8月23日 (木) 23時01分

今晩は。 土下座前、京都の会社に昔勤務していた頃は
京阪四条・京阪三条付近をうろうろ~うろうろ~と
していましたが、そんな像があること全然知りませんでした。(汗)
へ~…京都の人にはポピュラーな待ち合わせ場所なんですね。^^

にしても新幹線待ちお疲れ様です。 本を読んで有意義に時間を
過ごす幸さん、流石女性の方ですね♪(・<

P.S 今さっきNHKオンラインというHPを観ていたのですが、
  そこのニュース動画観ているとチャイコフスキーの
  「バイオリン協奏曲」を演奏されている女性が居られました♪
  それを聴いてると”おけいはん”のCMが浮かんできました。^^;

投稿: 星夢 | 2007年8月23日 (木) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜は短し歩けよ乙女。:

« はちみつライフ。 | トップページ | 女同士。 »